evo-devo青年の会
Top events posters Membership Contact Misc.

events

10th meeting
第10回Evo-Devo青年の会

研究会テーマ:ポストゲノムEvo-Devo研学
開催日: 2017年6月17日(土)-18日(日)
開催場所:国立遺伝学研究所(静岡県三島市)
オーガナイザー:古賀皓之、別所学
助成: NIG-JOINT

企画趣旨

 2003年のヒトゲノム解読完了宣言以降、ヒト研究はポストゲノム時代に入った。同様に、各モデル生物でゲノム解読が完了するにつれ、それぞれの生物における研究はポストゲノムの領域に入り、様々な生命現象の理解が大きく進んだ。
 進化発生学(Evo-Devo)は、発生過程の研究を通じて多細胞生物の形態進化機構を解明することを目的としている。とくに形態進化を特定の遺伝情報の変化に帰結させることは、進化発生学における中心的な命題であり、そのためには幅広い分類群におけるゲノム情報の利用が必須となる。ところが、従来は利用できるゲノム情報が一部のモデル生物に限られており、形態進化機構の十全な理解は難しい状況にあった。
 しかし、近年のめざましい次世代シーケンス技術の普及のもと、その障壁は取り除かれつつあり、今まさに進化発生学に「ポストゲノム時代」が到来しようとしている。さらに、網羅的発現解析、エピゲノム解析といったゲノムワイドな解析に加えて、ゲノム編集に代表される新しい技術によって、多様な分類群でこれまでにないアプローチが可能となってきている。過去に比類のない質、量の生物情報が容易に手に入り得るいま、我々はそれをいかに進化発生学研究に利用し、新たな形態進化のパラダイムを見出していくべきだろうか?本研究会では、先進のゲノム研究を展開する研究者たちと、ポストゲノム研究がもたらす進化発生学の新展開を議論したい。

プログラム

大会要旨集

2017年6月17日(土)
12:00~ 趣旨説明
  招待講演
12:10~ 工樂 樹洋 (理化学研究所) Web page
「ゲノム情報と分子進化学のアプローチを利用して遺伝子レパートリの広がりと進化距離を測る」
13:10~ Yi-Jyun Luo (沖縄科学技術大学院大学) Web page
"Genomic and transcriptomic approaches provide insights into lophotrochozoan evolution and the origin of bilaterian body plan"
14:10~ 浜地 貴志 (東京大学) Web page
「雌雄二極化の出現を解くボルボックス系列緑藻の進化生物学」
15:10~ 休憩
15:30~ 関 亮平 (国立遺伝学研究所) Web page
「鳥はいかにして進化してきたか? —鳥だけがもつゲノム配列からのアプローチ—」
16:30~ 内村 有邦 (放射線影響研究所)
「実験室内進化モデルを利用して、哺乳類の進化の過程を理解する」
17:30~ ポスターセッション
19:30~ 懇親会 @錦昌館
2017年6月18日(日)
 一般口頭発表
10:00~ 久永 哲也(奈良先端科学技術大学院大学)
「MYB 型転写因子によるゼニゴケの性決定」
10:20~ 浦田 悠子 (京都大学)
「からだを紡ぐ発生の仕組みが再生能力を決める」
10:40~ 山下 航(京都府立医科大学)
「大脳新皮質の進化過程を幹細胞制御機構から探る」
11:00~ 全体企画(ワールドカフェ)
テーマ「ポストゲノムEvo-Devo研学」
12:00 解散
参加方法

下記の登録フォームからお申し込みください。

第10回Evo-Devo青年の会参加登録フォーム

Registration Form (English)

申し込み締切は2017年 5月 31日(水)です。(延長しました)
定員60名

参加費
参加費 一般1,000円
大学院生・学部生無料
懇親会費 一般4,000円
大学院生・学部生2,500円

*当日現金にてお支払いください。

宿泊

17日泊の宿泊先は下記の選択肢からお選びいただけます(遺伝研ゲストハウスは定員に達しましたのでお申込できません)。宿泊費につきましては当日大会受付にて、現金でお支払いください。前泊・後泊が必要な場合は各自ご手配ください。

1. 錦昌館
・一泊素泊まり¥4,320 です。
・懇親会の会場と同じ建物です。
・基本的に数名での相部屋となります。
・部屋割りは運営スタッフが行います。
・研究会として一括で宿泊を申し込むため、宿泊先へ各自連絡を取る必要はありません。

2. 遺伝研ゲストハウス
定員に達しました。
・一泊素泊まり¥2000~¥2500です。
・個室またはツインルームです。
・懇親会後、徒歩20分ほどの移動が必要になります。
・部屋数に限りがありますので、先着順に個室から割当いたします。
・研究会として一括で宿泊を申し込むため、宿泊先へ各自連絡を取る必要はありません。

研究発表

■ポスター発表
発表演題を登録してください。要旨の登録は不要です。ポスターは90 cm (横) × 120 cm (縦) の範囲で作成して下さい。ポスター貼り付けのための用具は会場に準備いたします。
*本研究会では参加者間の学術的な交流を深めるため、できるだけ多くの参加者に発表をしていただくよう奨励しています。まとまっていないデータや、他の学会で使用したポスターを使っても構いませんので、積極的な発表をお願いします。

■口頭発表
本研究会では、数題の口頭発表(発表時間15-20分程度を予定)を一般参加者から募集します。一般口頭発表に採択された参加者には、往復旅費を支給致します。希望される方は、参加登録フォームで口頭発表を希望する欄にチェックを入れ、要旨を記入してください。 発表は液晶プロジェクターを用いて行います。各自ラップトップをご持参ください。接続アダプターが必要な場合には、各自でご持参ください。スライド送りの操作は、各自で行ってください。

evodevo青年の会ページタグ