evo-devo青年の会
Top events posters Membership Contact Misc.

events

Evo-Devo青年の会
10年目特別企画

 2009年に日本動物学会の関連集会としてはじまったEvo-Devo青年の会は今年10年の節目を迎えます。そこで記念企画として、これまで10年のEvo-Devoの成果を振り返るとともに、今後10年のEvo-Devoの展望を見据えたシンポジウムを日本進化学会第20回大会にて企画しました。また学会前日には、東大駒場博物館とコラボレーションした一般公開企画、そして青年の会メンバーの交流を目的とした若手フラッシュトーク・懇親会を行います。

開催日: 2018年8月21日(火),22日(水)
開催場所:東京大学駒場キャンパス
オーガナイザー:安藤俊哉


1.東大駒場博物館共催 一般公開講演

日時:2018年8月21日 13:00~
場所:東京大学駒場博物館
演者:和田 洋 教授(筑波大学 生命環境系)
進化を心から信じるための進化発生学

 世界に約70億人がいるとして、どのくらいの人が進化を信じているだろう。先進国の成人は9割以上信じていると思われるかもしれない。でも考えたいのはそういうことではない。磯でカイメンとかイソギンチャクを見て、こんな形のものが5億年も変異を蓄積するとヒトになる(こともある)ことをどれだけの人が信じられるか、と言うことだ。私たちはまだ進化を心から受け入れるために必要な考え方の枠組みを完全に手に入れていないのではないだろうか。そういう視点から進化発生学を考えたい。

*詳細は随時追加いたします。

 

2. 若手フラッシュトーク&懇親会

日時:2018年8月21日 14:30~(予定)
場所:東京大学駒場博物館

趣旨:日本進化学会本会での議論を深めるため、およびEvo-Devo研究に興味がある方々の交流の場を設けるため、学会前日にフラッシュトークと懇親会を企画しました。日本進化学会第20回大会で発表される方はぜひ参加して、事前の顔見せと情報交換の場としてお使いください。また進化学会本会では発表されない方も参加可能です。研究を始めたばかりの学部生や大学院生もぜひご参加ください。

 
発表についての注意事項
  • 自己紹介と研究について2-3分間(スライド2枚まで)の発表をお願いします。
  • 時間の都合によって、一部の方に15分程度のロングトークをお願いする可能性がございます。もしロングトークが可能な方はその旨ご登録お願いします。
  • 進化学会で発表される方はその発表内容の紹介で構いません。また、進化学会に参加されない方でも発表いただけます。参加者はできる限り発表をお願いします。
  • フラッシュトークのスライドは雛形ファイル(準備中)をダウンロードしてご利用ください。スライドはpdfにして事前に2018@evo-devo.netまでお送りいただきますようお願いいたします。メールのタイトルを「2018Evo-Devo青年の会フラッシュトーク(お名前)」としてください。締切は8/17(金)です。ロングトークをお願いする場合は7/31までにご依頼の連絡をさせていただきます。
  • 若手とありますが特に年齢等の制限はありません。会の趣旨に照らして"青年"を自負している方はどなたでも参加可能です。
  • 日本進化学会本会への参加も是非ご検討ください。ただし、日本進化学本会へ参加されない方の参加・発表も歓迎いたします。
 
懇親会について
  • 懇親会は、フラッシュトーク終了後に会場近くのお店で開催する予定です。詳細は参加締切後にお知らせいたします。
  • 予算は教員・ポスドク 5,000-6,000円程度、学生3,000円程度を予定しています。

 

下記の登録フォームからお申し込みください。

Registration

申し込み締切は2018年 7月 22日(日)です。

*詳細は随時追加いたします。

 

 

3.日本進化学会 シンポジウム

日時:2018年8月22日(大会1日目)午後
場所:東京大学駒場キャンパス
助成:公益信託 進化学振興木村資生基金
進化発生学~これまでの10年の発展と未来~

 多種多様な生物でからだをつくる遺伝子が相同である。この驚くべき事実を基点として進化生物学と発生学の融合領域として誕生した進化発生学は、その発展と共に生態学などの他分野も取り込んだより広い研究領域を形成しつつある。本シンポジウムでは動物、植物、数理、哲学といった異なる対象・アプローチからの研究講演を通じて進化発生学の様々な側面を洗い出すとともに、進化発生学のこれまでの10年、そして今後10年の行く先を考えたい。

講演者(敬称略)
中尾 央(南山大学)
藤本 仰一(大阪大学)
豊倉 浩一(大阪大学)
太田 欽也(Academia Sinica)
安藤 俊哉(基礎生物学研究所)

本シンポジウムへの参加には、日本進化学会第20回大会へ参加する必要があります。
学会のページも御覧ください。

*詳細は随時追加いたします。

 

evodevo青年の会ページタグ